体制整備構想とは?

地域における農地、農業用水などの資源や環境が担っている役割を再認識し、適切に保全し向上していくために必要と考えられる体制や活動内容について
 1.共同活動の現状
 2.将来の体制の見通し
 3.共同活動の将来像
 4.地域農業の担い手の育成・確保
 5.将来展望を実現するために取り組む具体的方策
を地域で話し合い、定めたもの。
活動3年目に、これまでの活動を基に(案)を作成し、最終年度の5年目に見直しを行い策定する。

志雄みどりの会 体制整備構想(案)

1.共同活動の現状
(1)活動組織の構成員の役割分担
構 成 員 主 な 役 割
区民 散田・子浦・吉野屋・菅原・二口区民が基礎活動、農地・水向上活動、農村環境向上活動、その他の活動をほかの構成員と連携して計画策定を行い実施する。
農業者
(生産組合)
散田・子浦・吉野屋・菅原・二口区民が基礎活動、農地・水向上活動、農村環境用向上活動、その他の活動を他の構成員と連携して計画策定を行い実施する。なお、畦畔・農地法面の草刈りや個々の農用地周りの水路の泥上げなどの活動は個々の農業者が実施する。
女性の会 散田・子浦・吉野屋・菅原・二口区民が農村環境向上活動のうち、景観植物の植栽、管理、清掃等を実施する。
PTA・子供会 散田・子浦・吉野屋・菅原・二口区民がゴミ拾い、景観形成の策定、ホタル等の生息状況の把握を行う。
老人会 散田・子浦・吉野屋・菅原・二口区民が農村環境向上活動のうち、農地周辺の管理、清掃等の実施
JAはくい 農地・水向上活動、農村環境向上活動への指導・助言などの支援を行う。(営農及び管理技術等の指導・資材の斡旋など)
水土里ネット邑知潟
(邑知潟土地改良区)
基礎活動、農地・水向上活動、農村環境向上活動への指導・助言など支事務局として援及び活動を一体的に実施する。

(2)活動組織の意思決定の方法
 総代会及び役員会の議決は、出席者の3分の2以上により決定することとし、可否同数の場合は、議長が決するところによる。

(3)活動組織の資金計画
項 目 主な交付金の使途の内容
基礎部分の活動
に要する経費
農用地、開水路等の除草、農道への砂利補充、水路の土砂上げ等、共同活動に必要な人件費及び資機材費など



農地・水向上活動に要する経費 農用地、路肩法面の初期補修、開水路等の破損施設の改修、きめ細やかな雑草対策に伴う抑草マットの設置、異常気象後の見回りや応急措置補修などに必要な人件費及び資機材費など
農村環境向上活動に要する経費 景観形成のための施設への植栽や巡回点検、清掃、生物の生息状況の把握や啓発活動、パンフレット作成等の普及活動の人件費及び資機材費など
活動組織の管理
運営に要する経費
活動組織の管理及び業務運営に必要な事務費など
2.将来の体制の見通し
(1)活動の担い手の年齢構成等(現状)
 本活動組織では、基礎部分の活動のうち、水路の江堀、農道の砂利補充などを区民と農家総出で行い、その他の活動は農業者が行っている。 農地・水向上活動は、農業者、区民で行い、農村環境向上活動は農業者、区民、老人会、子供会、女性の会が中心となって行っている。

主な担い手の年齢構成等は下表のとおり 【平成22年2月現在】
構成員 人数 平均年齢 65歳以上の割合
区民 680世帯 50-55 3割程度
農業者 394 60-70 約半数
女性の会 98 50  --- 
PTA・子供会 72 30-35  --- 
老人会 304 65-70 100%
JAはくい 20 50  --- 
水土里ネット邑知潟 6 45  --- 
       

(2)高齢化を踏まえた概ね10年後の推定
 10年後に、現在65歳以上の構成員が活動に参加できなくなると仮定した場合、半数以上の人員が減少すると推定されるが、後継者の育成を進めており新たな構成員の加入も予想されるので、人員は微減、ヘ金年齢は現状とほぼ同じか、やや上昇すると推定される。
3.共同活動の将来像
(1)当地における農地・水・環境が有する社会共通資本としての役割

  • 農地は、地域産業の中心的な資源であり、降雨時には洪水を一時的に溜めて、水路・河川の氾濫を防止する役割ももっており、地域住民の生命・財産を守る機能を有している。
  • 農業用水は、食糧生産の要となる資源であり、降雨時には速やかな排水を助け、火災時には防火用水としても利用されており、地域生活に重要な役割をはたしている。
  • 農村環境は、長期にわたり農業が営まれることにより、さまざまな生物が生息している自然であり、人々にゆとり・安らぎ・心の豊かさを提供している。

(2)将来展望
 これまで、農業者だけでなく地域住民の参加によって農業用施設の維持管理や補修を行い、地域活動の輪を広げてきた。
 本活動によって、行ってきた活動の輪を将来に渡って維持していくためにも、新たな担い手の育成を進めるとともに、「食と地域の再生」を掲げ活動を継続させていくようにする。
4.地域農業の担い手の育成・確保
 活動組織において主要な役割を果たす農業者のうち、地域農業の担い手となる農業者の育成は、活動組織の体制強化につながることから、担い手の育成・確保に努める。

具体的な目標は下表のとおり。
内  容 現 状 目 標
認定農業者や集落営農組織の育成 17人・1法人 現状維持
担い手への農地の利用集積 114ha 現状維持
担い手への農作業の委託面積の拡大 72ha 現状維持
新規就農者の確保 1人 増加
エコ認定農業者 10人 増加
5.将来展望を実現するために取り組む具体的方策
  • 保全管理の省力化を図るため、リサイクルU字溝の敷設を進める。
  • 集落ではなく、水系単位で1活動組織としている利点を活かし、連携して保全管理を行う。
  • 参加人数を確保するために、地元企業に協力を求める